森への案内

空と雲と山歩き>森歩き

「森歩き」とは… 日本の国土の三分の二を占める森。
森を知り自然を知り、学び、守る。
そこに身を置くと、大きく深呼吸をして五感を働かすと、
観て、触って、匂って、感じて、耳をすませば・・・自身が自然と一体になることに気が付く。

2018年から二つの資格と一つの役割を意識しつつ、活動を開始
森林インストラクターは「森の案内人」資格・農林水産大臣/環境大臣の認定事業、
グリーンセイバーは、「生態系の保護・育成に貢献する」資格・環境省の認定事業、
自然観察指導員は、日本自然保護協会での「自然を守る」ボランティアリーダーです。
それぞれに立場で、どう社会に貢献できるかを日々考え、行動したいと強く思ってます。

    植物の名前は記号、大事なのはなぜそこに存在し、どうやって繁殖しようとしているか…その戦略を知ること…それが自然を学ぶこと 

樹木博士認定@東山植物園
---2018/7/22

初めての活動費
複数樹木複数メンバー説明を初体験
子供も大人も樹木博士
---2018/6/17

名古屋の西 戸田川緑地
壮大な森の実験場と親子ずれ
福井総合植物園プラントピア
---2018/5/31

越前山歩き前に植物園でお勉強
山里にあってその地形を活かした植物園
愛知都市緑化フェア
---2018/4/29

なぞとき樹木探偵イベント
愛知県とのコラボ、イベント
何百人との人と会話出来て、幸せ!
サクラと歴史
---2018/4/8

サクラの種類と歴史
森林インストラクターとしての初活動
ほとんどお役に立つことなく、まだまだ勉強
あきる野 河岸段丘
---2018/3/31

下段段丘とは
山の自然クラブの本領発揮の勉強会
自然と人の付き合い方の歴史がとても新鮮だった!
ネイチュア・フィーリング
---2018/3/16-17

全盲の方と自然観察
見えると見えないもの
世の中には知らない世界がまだまだある!
明治神宮の森
---2017/11/23

東京のど真ん中
100年前に人が作った人工の森
自然に任せた壮大な実験が続く

Last update 2018年7月28日
©2017‐2018 yamaburabura.All rights reserved.